sus-test

Sustainability

2012年の創業当初より、andu ametは原料の調達から製品づくり、お客様へ製品をお届けした後まで、関わる工程すべてにおいてエシカル・サステナブルであることにこだわり続けてきました。それは、andu ametの製品を通じて、真の美しさと豊さをお客様の元にお届けしたいから。目の前に映る色や形だけでなく、その背景にある無数のストーリー1つ1つも一緒に輝いてこそ、本当に美しい製品だと思うから。持ち物の数は少なくても、そのどれもが思い入れのある特別な品々で、そのものに秘められたビハインドストーリーや思い出も一緒に楽しみながら生活できる事こそが、これからの豊かさだと思うからです。

andu ametが実施するエシカルの取り組みの中でも、ここでは特に大切にしている4つの視点をお伝えします。

Ecology

自然環境への視点 ―エコ―


革はなめす過程で大量の薬品や水を使用するため、タナリー(革なめし工場)にはきちんと浄化して自然に戻すシステム完備が不可欠です。しかし、残念なことにエチオピアをはじめ途上国のタナリーでは十分な浄化システムを備えておらず、周辺地域の水質汚染を引きおこしていることも少なくないのが実情です。また表向きは浄化システムを整備しているとしていながらも、実際にはシステムが稼働していないケースもあります。

andu ametでは、基準に見合った環境対策を講じているタナリーとのみ契約。契約前のみならず契約後も、すべてのタナリーに定期的に足を運び、環境基準をクリアしていることを直接確認した上で革の仕入れを行なっています。

また日本側でも、店舗兼オフィスであるコンセプトストアの電力を自然エネルギーにしたり、全てのラッピング材からプラスチック素材を排除したり、ペーパーレスを推進したりするなど、環境に配慮するようにしています。

Ecology

動物への視点 ―頂く命への感謝と敬意―


みなさんは、自分が1年間にどの位の肉を食べているか、その時に出た革や骨がどうなっているのか、考えたことはありますか?
andu ametが製品に使用している革は、すべて食肉の副産物として生じたもの。これまでは充分に活用しきれているとは言えなかったこうした資源に着目し、新たな命を吹きこむこと、最後まで余すことなく使い切ることこそ、いただいた生命に対し感謝や敬意を表することであると、私たちは考えています。

昨今、世界的に食肉量は増加し続けている一方、“ビーガン”ファッションの流行により、余った革(主に牛革)が廃棄されてしまっています。せっかくの善意が間違った方向に進んでしまった、残念なケースです。

これからの時代、食肉の回数を減らす努力はこれまで以上に必要になってくると思いますが、食べる時は感謝の気持ちとともに“完食”すること、少なくとも自分が食べた分くらいは食肉の副産物で作られたレザー製品を選び使うこと、レザーをお手入れしながら末長く使用していくことなども、同じように重要と言えるのではないでしょうか。

Ecology

自然環境への視点 ―エコ―


革はなめす過程で大量の薬品や水を使用するため、タナリー(革なめし工場)にはきちんと浄化して自然に戻すシステム完備が不可欠です。しかし、残念なことにエチオピアをはじめ途上国のタナリーでは十分な浄化システムを備えておらず、周辺地域の水質汚染を引きおこしていることも少なくないのが実情です。また表向きは浄化システムを整備しているとしていながらも、実際にはシステムが稼働していないケースもあります。

andu ametでは、基準に見合った環境対策を講じているタナリーとのみ契約。契約前のみならず契約後も、すべてのタナリーに定期的に足を運び、環境基準をクリアしていることを直接確認した上で革の仕入れを行なっています。

また日本側でも、店舗兼オフィスであるコンセプトストアの電力を自然エネルギーにしたり、全てのラッピング材からプラスチック素材を排除したり、ペーパーレスを推進したりするなど、環境に配慮するようにしています。

Ecology

動物への視点 ―頂く命への感謝と敬意―


みなさんは、自分が1年間にどの位の肉を食べているか、その時に出た革や骨がどうなっているのか、考えたことはありますか?
andu ametが製品に使用している革は、すべて食肉の副産物として生じたもの。これまでは充分に活用しきれているとは言えなかったこうした資源に着目し、新たな命を吹きこむこと、最後まで余すことなく使い切ることこそ、いただいた生命に対し感謝や敬意を表することであると、私たちは考えています。

昨今、世界的に食肉量は増加し続けている一方、“ビーガン”ファッションの流行により、余った革(主に牛革)が廃棄されてしまっています。せっかくの善意が間違った方向に進んでしまった、残念なケースです。

これからの時代、食肉の回数を減らす努力はこれまで以上に必要になってくると思いますが、食べる時は感謝の気持ちとともに“完食”すること、少なくとも自分が食べた分くらいは食肉の副産物で作られたレザー製品を選び使うこと、レザーをお手入れしながら末長く使用していくことなども、同じように重要と言えるのではないでしょうか。